OCM OIL CONDITIONER & MONITOR SYSTEM
「コスト削減」と「信頼性向上」を同時に実現する新時代のオイルコントロールシステム
What's OCM
油圧・潤滑設備には必ずと言って良いほどラインフィルタが装備されていますが、多くの設備が何らかのトラブルを抱えています。これらは濾過方式では除去できない非常に小さなゴミが原因です。
OCMは一般的な浄油機が不得意とする0.1ミクロン以下のゴミまで除去可能であり、油圧潤滑トラブルの多くを解決出来る高性能浄油装置です。発電所のタービン潤滑油や機械式油圧ガバナ弁作動油の浄化に採用されており、インフラを支える重要設備や、操業停止による損失が大きい生産設備等で効果を発揮します。

タービン油の劣化原因

イメージ図
油圧潤滑油は熱・酸素・微小金属粉の影響により劣化し、ワニスやスラッジといった酸化生成物を生じます。これらの劣化物は非常に小さな粒子として油中に分散浮遊し、油本体の劣化を促進して寿命を縮めるだけでなく、 油圧回路に蓄積して動作不良の原因となります。
OCMは独自の浄化システムにより大きなゴミだけでなく小さな酸化生成物をも取り除く事で設備の健全性を維持向上させると同時に油寿命の延長を図ります。
Copyright ©1998-2016 PLANT TECHNOS Co.,Ltd All Rights Reserved.